レム睡眠とノンレム睡眠について

更新日:

レム睡眠とノンレム睡眠

一般的に睡眠ってどんな状態なのか想像してくださいと言われる、脳も身体も一緒に寝ていることを想像するかと思いますが、実は睡眠には「脳が休んでいる状態」と「身体が休んでいる状態」の2通りの睡眠が交互に入れ替わって1つの睡眠状態を維持しています。

 

睡眠には「脳の睡眠」と「身体の睡眠」の2つがある

主に、眠りには異なる性質をもつ2種類の眠りがあります。

それがレム睡眠ノンレム睡眠です。

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を1度聞いたことがあるかと思いますが、簡単にレム睡眠とノンレム睡眠について説明していきたいと思いますが、先ずその前にレム睡眠とノンレム睡眠との語源のお話をしたいと思います。

 

レムの語源は眼球の動きからきています

シカゴ大研究

レム睡眠やノンレム睡眠の語源は1953年にシカゴ大学で行われた睡眠の研究により発見されたとされています。

元々睡眠とは脳が低活動状態だと考えられていましたが、シカゴ大学のKleitman教授らの研究により睡眠中に起こる状態は脳の低活動状態以外に別の状態があることが研究の結果で発見されました。

その状態とは、寝ているのに眼球がキョロキョロと動きだし脳が目覚めている時に近い状態の時と全く眼球が動かない状態の睡眠があるというものです。

そして、睡眠時に眼球が激しく動く時の状態の事をRapid Eye Movement(レイピッドアイムーブメント)(日本語に訳すと急速眼球運動)睡眠と呼びそこから頭文字を取ってREM睡眠(レム睡眠)と名づけました。

また、もう一方の急速に眼球が動いていない時の睡眠の事をREMでない睡眠という意味で、NON-REM睡眠(ノンレム睡眠)と名づけられました。

 

身体の疲れを取ってくれるレム睡眠

先程、レム睡眠とは眼球が急速に動いている時の睡眠状態だとお話いたしましたよね。なのでレム睡眠の時は脳は起きているが身体が休んでいる時の状態になります。

なので、レム睡眠中は日中に身体の溜まった疲れを取ってくれる役割がある睡眠と思っていて良いかと思います。

しかし、脳は起きている状態なので比較的眠りの質は浅くこの時に名前を呼ばれたり身体を揺すられると直ぐに目を覚ます状態だとうことを覚えておきましょう。

 

なぜレム睡眠は寝ているのに脳が起きているのか?

なぜ、レム睡眠中は脳が働いているのか皆さんは分かりますか?

実は、レム睡眠中に脳が起きているのは日中に見たり聞いたりして脳に蓄積された情報を整理しそれら情報を記憶するために脳は覚醒しているのです。

このレム睡眠中に脳が情報を整理しないでいると情報が混乱し脳がオーバーヒートを起こし様々な病気などを引き起こす場合がございます。

例えば、最近のストレス社会のせいで不眠症を発症し不眠により脳が情報を整理しきれず「心の病」になられる方が多いのも実は脳が情報を整理しきれず「心の病」を引き起こしている場合もございます。

 

脳の疲れをとってくれるノンレム睡眠

先ほどのレム睡眠と違いノンレム睡眠は脳の活動は休止状態なので深い眠りだということが言えます。※ノンレム睡眠は睡眠の深さにより4段階に分類されます

また、ノンレム睡眠中は成長ホルモンや女性ホルモンなど色々なホルモンの分泌が活性化することも知られています。ですので、昔からよく言われていますが「寝る子は育つ」という言葉もこのノンレム睡眠が上手くとれてこその言葉になります。

また、睡眠時間は十分でも「寝た気がしない」や「頭がモヤモヤする」といった状態の時は、このノンレム睡眠が上手く取れていない場合がございます。

なので、普段から何となく寝てもスッキリしないという方は深い眠りが出来ていないので睡眠環境の改善をすることをおすすめいたします。

 

レム睡眠とノンレム睡眠とのサイクルは90分

レム睡眠とノンレム睡眠のサイクル

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があることが分かりましたが一体どのようにレム睡眠とノンレム睡眠とが切り替わるのでしょうか?

まず、睡眠導入時(寝に入る時)には眠りの浅いレム睡眠から始まり徐々に眠りの深いノンレム睡眠へと切り替わってきます。その時の移行時間は一般的に約90分のサイクルだと言われております。

 

レム睡眠とノンレム睡眠とのまとめ

レム睡眠とノンレム睡眠について2つの睡眠を分かり易く表にしてまとめたいかと思います。

 

レム睡眠 ノンレム睡眠
眠りの深さ 浅い眠り 深い眠り
脳の働き 起きている状態に近い
※脳が動いているので眼球が動く
休んでいる状態
身体の状態 休んでいる状態 休んでいるが筋肉は多少動いている
自律神経 不安定で心拍数などの変動が大きい 副交感神経が優位に働きリラックスしている状態

 

レム睡眠とノンレム睡眠とを表にしてみると比較しやすいですが、私たちの睡眠には浅い眠りと深い眠りとを交互にとることで脳や身体の疲れなどとってくれる役割があります。

しかし、この交互に行われるレム睡眠とノンレム睡眠とのバランスが崩れることで質の高い睡眠をとることが出来ないことが最近では多いですよね。

ですので、少しでも日頃の脳や身体の疲れを取るには出来る限り質の高い睡眠環境を作りレム睡眠とノンレム睡眠とを交互にとれる環境作りが大事になってきます。







おすすめ記事

-レム睡眠とノンレム睡眠
-,

Copyright© 睡眠 カラダclub , 2017 All Rights Reserved.