身体の疲れが取れる 理想的な睡眠時間

更新日:

しっかりと睡眠をとっているのにも関わらず「中々身体の疲れが取れない」とか「どうしても夜中に目が覚めてしまう」という方って非常に多いですよね。この様に私たちにとって非常に大事な睡眠ですが色々な悩み事って尽きないですよね。

また、「寝足りない」とか「寝過ぎた」とか自分の中での睡眠時間ってある程度自分に合った時間を把握しているかと思いますが、本当にその睡眠時間って理想的な睡眠時間なのでしょうか?

ひょっとするとあなたは睡眠時間について大きな間違いをしているかも知れませんよ。

 

人によって異なる睡眠時間

昔から言われていることですが、理想的な1日の睡眠時間って6~8時間程度と言われていますよね。けど、この理想的な睡眠時間ってなんら医学的に証明されている訳でもなくみんなが寝ている平均時間を算出しただけなんですよ。

ですから、よく「今日は6時間しか寝ていないから睡眠不足だ!」と言われる方がいますが、別にその方の理想的な睡眠時間が6時間なら何ら寝不足ではないんですよね。まぁいっぱい寝たい気持ちは誰もがありますがね・・・

それでは、理想的な睡眠時間って一体何時間なんでしょうか?

先ず、この理想的な睡眠時間は「○○時間です」と説明する前に、睡眠時間には大きく分けて3つのタイプがあることを理解することで自分の理想的な睡眠時間を知ることが出来るのでそちらからお話していきます。

スポンサーリンク




長時間寝ていたい方は「ロングスリーパー」

先ずは、長時間寝ていたい人のタイプです。

別名「ロングスリーパー」とも呼ばれており睡眠時間が10時間前後のタイプです。このロングスリーパーの方は全体で約10%以下とも言われており実は余り多く無いのです。また、ロングスリーパーの方は沢山寝ているハズですが日中眠気に襲われる傾向が強いです。

そして、性格的にも内向的な方が多くストレスを抱え込みやすい特徴がございます。

ですので、日頃のストレスを睡眠時間を長く取ることでストレスから身体を守ろうとしているとも言われております。

 

短時間の睡眠でも快適なショートスリーパー

先ほどのロングスリーパーとは真逆で短時間の睡眠でも快適な生活を送れるタイプです。

この短時間の睡眠で良い方のことを別名「ショートスリーパー」と呼びます。ショートスリーパーの方は5時間前後の睡眠をとれば十分なな睡眠をとったことになります。また、ショートスリーパーは全体で7%前後とも言われております。

そして、ショートスリーパーの方の性格は外交的な性格をしており楽天家が多いようです。ショートスリーパーの芸能人で有名な方が「明石家さんま」さんですが「明石家さんま」を見ていると外交的で楽天的な部分がにじみ出ていますよね。

 

全体の8割を占める バリュアブルスリーパー

そして最後に全体の約8割を占めていると言われている「バリュアブルスリーパー」のタイプです。

この「バリュアブルスリーパー」の方は睡眠時間が大体6~8時間程度です。多分、この「バリュアブルスリーパー」の方が多いのでよく理想的な睡眠時間とは「6~8時間」ですと言う風になったかと思います。

また、「バリュアブルスリーパー」の方は平均寿命が長いと言われていますが、昨今の平均寿命って「健康寿命」ではないのでどうかと思いますが一応平均寿命が長いと言われています。

 

理想的な睡眠時間は自分で知ることが大事です

この3つの睡眠タイプでもお分かりいただけたかと思いますが、人によって理想とする睡眠時間って本当はあって無いようなモノなんです。

それでは理想的な睡眠時間を知りたい方には非常に冷たい言い方になってしまうので大事なことをお伝えさせていただきます。

まず、理想的な睡眠時間とは、寝て起きた時に身体の疲れがしっかりとれた状態で且つ自分が十分に眠ったという実感がある時間帯のことです。そしてその時間帯を自分自身で導き出すことが非常に大事となってきます。

ですから、今までよく言われている理想的な睡眠時間は6~8時間だと言われていたからと言って6時間寝てても身体の疲れやしっかりと寝た感が無い方は、1度睡眠時間を短くしたり長くしたりして自分で模索してみるのが良いかも知れません。

実は意外にも「短い睡眠」の方が調子が良くなったり、「長い睡眠」の方が身体の調子が良くなったなんてことがあるかも知れませんよ。

周りの意見で理想的な睡眠時間を決めないで、自分の身体が本当に欲している睡眠時間を探し出してみてください。

 







おすすめ記事

-睡眠
-,

Copyright© 睡眠 カラダclub , 2017 All Rights Reserved.